惑星☆のかけら

個人的な生活記録、雑記、つぶやき、好きな音楽について書いています

音楽のこと

Everything but the Girl - Night and Day

Devine & Statton - Bizarre Love Triangle

Mood Six - I Saw The Light

 

この3曲は二十歳頃聞いた曲で、それから30年近く経っても好きな曲、

というか、心の中の大切な部分に訴えかけてくる何かがある曲たち。

繊細さ、慈愛、哀愁、寂しさ、枯れ具合、ほんわかした感じ、

アコースティック・ギターの優しい響き・・・

 

コール・ポーターニュー・オーダートッド・ラングレンの原曲よりも

先に聴いたことが、良かったのか悪かったのか、その頃の感性にぴったり

ハマったのか、曲のイメージはその第一印象で決まってしまった。

 

20代の若さゆえの暴走、向こう見ずな行動、浅はかな発言、

無駄に有り余る体力、豊富な時間、底抜けな好奇心だけが渦巻き

手当たり次第に音楽を聴き漁っていた期間。

 

それから時を経ても、自分の中ではその曲たちは決して色褪せない。

記憶と共にその時の空気、景色、心情などが全て真空パックされている。

時間と共に成熟し、聴き飽きたとしても、またいつの日か

新鮮な気持ちで聴くことが出来る稀有な存在。

 

 【新星堂 3✖20(colours) A compilation of u.k. indies from 1980-1990】

レーベルの枠をこえて80年代のイギリスのインディーレーベルの音源を60曲収録した

コンピレーションCD(三枚組)

 

the smiths,my bloody valentine,primal scream,galaxie 500,felt,pale fountains,

the go-betweens,antena,jane kelly williams,louis phillipe,momus,lightning seeds

自分の音楽の趣味の幅を大きく広げてくれたこのCDに感謝。

このCDは心の財産である。